中村こずえのブログ

ラジオパーソナリティ 中村こずえ が、日々感じることを綴ります。旅・料理・楽しいこと、共有しませんか?

2017年05月

きょうはスマホを家に置いてきてしまい
写真も撮れなかったし、
情報も受けられなかった…(;´・ω・)

日ごろどれだけスマホに依存していたのか
思い知らされるよね(^-^;

例えば、読みかけの本を忘れても
スマホがあれば電車の中でもいろいろ情報をゲットできる。
面倒だったメールの処理や整理もできる。
写真の整理も。

なので、きょうは写真がありません。
ごめんなさいm(__)m

「どじょうのみっちゃん」へ。
山手線は、一周、ちょうど1時間。
もちろんラッシュ時や、事故などがあればもっと時間がかかるけど、基本は一周1時間。
駅と駅の間は、約2分。
最新型の車両が、今 どのくらい走っているのかわからないけど、少なくとも1時間じっと同じ駅で待っていたら絶対乗れるよ(^_-)-☆
横に黄緑は古い。
ドアのところ、縦に黄緑が最新型!

「王城恋太」さん。
これで生放送ができることがわかった⁈

うぅ…ん…(*´ω`*)
確かに生放送ができないことはありません。
が、そうすると、私を毎週運ばなくてはならないし、
ホテル代もかかりますね。

大きなスポンサーがつけば できるかも?(^^ゞ

地方局、しかもラジオは、なかなか大変なのです。

どうやって予算をかけずに面白い番組を作っていくか?

もしかしたら、そのヒントが、ここにあるかも⁈ (*^-^*)
image
「テレ東」。
少し前まで「東京12チャンネル」。

なんとなく「12チャン」と言っていました。
今、7チャンネルですが…。(^_-)-☆

テレ東でず~~っとプロデューサーをやってきた
伊藤成人さんと先日知り合い、
(彼は私の昔の番組をよく聴いてくださっていた)
「本を出したのだけど」と。

送ってくださいました。

予算がない中で、しかも、一応「東京キー局」なのに
地方ではなかなか見られない(*´ω`*)

どんな工夫をして
「アド街ック天国」や「ヤンヤン歌うスタジオ」「TVチャンピオン」「浅ヤン」「プレイガール」「隅田川花火大会」アニメの「キャプテン翼」などなど
彼らが生み出していったのか、垣間見える本です。

今は、キー局のTV局ですら予算の少ない中で作らなくてはいけないワケで、ラジオならなおさら。
この本は、もしかすると「福音」になるかも?(^_-)-☆

少なくとも、私はたいそう面白く読みました!

お金がなくても 何か工夫で集客をしたい!
そんな方は読んでみては?(^_-)-☆





久々に、寝る間も惜しんで読んだ!

「蜜蜂と遠雷/恩田 陸」
image
分厚く重いハードカバーだけど。

直木賞と本屋大賞を獲ったねヽ(^o^)丿

「芳ヶ江 国際ピアノコンクール」を舞台に
そこに集まったコンテスタント(コンテストを受ける人)の話。

とても魅力的な登場人物、主役の4人。
それぞれに違う個性でピアノ曲が奏でられる。

クラシックに詳しい方なら もちろん
彼らが弾くメロディが心に響き始めるだろうし、
知らなくても、きっとこんな感じの曲だろうなぁ…って想像できる(*^^)v

音楽を閉じ込めないで、外に放つ!
もともと音楽は 自然の音から生まれたはずなのだから…。

コンクールの、胃がキリキリしそうな緊張感や空気感などを、軽々と飛び超える天才少年。
しかも彼はフランスに住む日本人養蜂家の息子で、家にピアノもない!

幼いころから天才と言われ、ジュニアで認められコンサート活動をするも、母親が急逝し、ステージの袖から帰ってしまった少女、復活なるか?

何と言っても、この「芳ヶ江 国際ピアノコンクール」は
あの「浜松 国際ピアノコンクール」がモデルのようなのです‼

会場も「アクトシティ浜松」のようなのです‼
景色を知っていると、小説は もっと面白いよ(*^^)v

そんなわけで、一気に読みました(*^-^*)
まだ心の中に ラフマニノフやバッハやベートーベンが鳴っています…(*´▽`*)

「ほのぼのワイド」の中でもご紹介したことがありましたね?
「浜松 国際ピアノコンクール」。
でも私は行ったことがなかったの。
これを読んだら、もう次は行きたい‼
聴きたい‼
と思った(*^-^*)

来年11月だね。

ところできょう、例の山手線の最新型に乗ったよ!
5月22日から走っているの。

去年走り始めた新型「E235系」の改良型。
どこが違うか?
まず、このポール(^o^)/
image
つるつるピカピカのポールは、触るとベタッとすることがあって、女子たちには嫌われていたのね。
なので、わざと表面をザラザラに凸凹をつけて、
ベタベタ感をなくしました(*^^)v
イイカンジ‼

床は、基本的には去年のモデルと同じですが
優先席のところはピンクで わかりやすく(^o^)/
image
あと、写真はないけど、網棚の高さを5㎝下げて
使いやすくしたそうです。
混んだ車内で つり革にも掴まれず
網棚の横棒をつかむことがあるけど
意外と高い・遠いのね、私みたいに小柄だと…。(^-^;

少し良くなったかも?(*´▽`*)

最新型の山手線、乗ってみて(^o^)/
2020までに全部新車両になるらしい。





いやぁ、すごいわ!
これ、知ってる?
image
若い女の子の雑誌の付録「自撮りライト」(^o^)/
右隅に「今度は星型!」とあるから、以前は違う型があったのだろうな、と想像できますね。
しかも相当好評だったので「今度は星型!」なのでありましょう(*^^)v
(どうやら前回は💛型だったらしい…)

星型ライトの後ろ側がパッチンと挟めるようになっていて、
これをですね、スマホのレンズが、星の真ん中の抜けている部分にくるようにセットして自撮りするんですよ。
私は基本 自撮りしないんだけど、ちょっとやってみます。

ニッポン放送4スタ前のソファにて。
まず、フツーのライトで。
image
キャー‼ちょーハズイ‼ こんなにアップしちゃったよ(*ノωノ)

では、「自撮りライト」を装着して
image
どうよ!(^o^)/
image
うひゃ~‼ ヽ(^o^)丿

目に星が光ってるし、強烈な光でシわも飛ぶ飛ぶ‼ (^o^)丿♪
「鈴木S子」さんの気持ちがよくわかる!
「T子の部屋」のスタジオには、フツーの倍くらいの照明がセットされていると言われているのも よくわかる!

これでさんざん遊んでいたら、
中年男性スタッフNちゃんが、もう一冊重たい雑誌を買ってきてくれ、私に付録を1個くれました(*^^)v
Nちゃん、どんなカンジで本屋さんで「キャ〇キャ〇ください」と言ったんだろう(^-^;
ともかく、私はこれからこの「星型自撮りライト」を持ち歩くことになるでありましょう(^o^)/

ゲストは「不倫ソングの新星」と異名をとる
「広瀬倫子」さん(^o^)/
image
初対面です。
今回は、THE ALFEEの高見沢俊彦さん作詞・作曲の
「恋の誤算」という、懐かしのGSテイストの作品。
音楽評論家 冨沢一誠氏のお薦めの「昭和声」。

私はきょうスタジオに、スイカを切って、
タッパーで差し入れしていたのだけど
本番前に「どうぞ!」と言うと
「うわぁ!私、スイカ大好物なんです‼ほら、服もスイカ色でしょ⁈」
と、一気に打ち解けモード(*^^)v
image

さらには、「恋の誤算」をon air中、
スタジオで「振付け」を披露してくれました(^o^)/

image
踊る 広瀬倫子ぉ~‼
image

カラオケで3~4時間歌うと調子出てきて、朝まで…ということもあるらしい(^-^;

6月20日(火)18時~
東京赤坂・ノヴェンバー・イレブンスでライブがあります。
おもしろいおねーさんですよ(*^-^*)

「あさがみちこ」が池袋サンシャインシティから戻ってきて
さっきの「自撮りライト」に興味を示し、
一緒に撮ろう!と(*^-^*)

まず、通常の明かり。
image
「自撮りライト」装着後の写真(^o^)/
image
ちょっと白すぎ⁈ (^-^;

過ぎたるは なお 及ばざるがごとし…。



image
image

掛川でのトークショー。
100人余りのリスナーさんと再会(*^-^*)

場所は大日本報徳社。
国の重要文化財です(^o^)/image

二宮金次郎=二宮尊徳の「報徳」に教えを伝える場所。
image
おおっ‼
ここにいらっしゃいましたか⁈ ニノキン!いや、二宮金次郎さん。
小学校の校庭以来、お懐かしゅうございます(T_T)

こ、これは伊藤博文の書では?
image
あとはわからないけど…(^-^;
なんだかすごい。
「公会堂」として建てられたものとして、
日本で最古のものです。

image
すばらしい建物の中で、こんな軽いトーク?(^-^;
でもねぇ、ホントに楽しかったの‼

リスナーさんたちの温かいまなざし、
リアクションの速さ!
楽しかったの‼

できることなら、将来、中高年&サラリーマン・OL向けの朝のワイドを、女性がやりたいよね!
なんで、朝ワイドは男なのかな?
女はアシスタントなのかな?
高齢男性の番組はあるのに、女性はないのかな?
女だからって、政治経済に興味がないなんて思ってもらっちゃ困るよ。

あ、それてしまった(^^ゞ

ともかく、楽しい時間を過ごし、
山田もんどと 掛川駅前で「お疲れビール」ヽ(^o^)丿
image
ははは。
どこも4時半なんだよね、オープン。
私たち4時15分くらいに着いちゃったからさ、
テキトーにメールを整理したりしながら時間をやりくりし、
4時半から飲んだ(^_-)-☆

美味しかったねぇ、もんど!
つまりこれは、「楽しかった」「頑張れた」という味。
そして…そっと「ただいま」の味。

サクラエビのかき揚げの上に、
お茶の葉の天ぷらも乗っている。
静岡だね!

image
東京からは、この時期、あまり富士山が見えないの。
少し雪を残した富士を、いつもの富士川ごしに撮って…。
きれいでしょ⁈ あなたにプレゼント!

そうそう。
いろいろ頂き物をしちゃって、すみません。
ありがとうございます!(*^-^*)

「山川サバ夫の妹」さんからいただいた朝採りの枝豆。

ゴルフ帰りの夫と、二人でいただきました。
「うわぁ~!いい色!」
image

「旨い‼」

ごちそうさま‼









きょうは私の出産記念日!
長男の誕生日なのです(*´▽`*)

30年前、梅雨入り前の、初夏のさらさらした風の、暑い日でした。

とても晴れる確率の高い日ですが、
きょうは小雨が降っていました。

お庭で記念撮影ができるはずなのに…。

明治神宮で挙式。
写真撮影。image

「誓詞」に署名。
image

厳かな中に式を終えると…
雨が上がっていました!ヽ(^o^)丿

参道をゆけば、もう大変!
ウイークデーにもかかわらず、国内外のたくさんの参拝者がカメラを向けます。
「わっ‼お嫁さんよ!」
「オー!ファンタスティック‼ビューティフル‼」
「〇✖△・・・」
何百人の方がスマホやデジカメのボタンを押したでしょうか?(^-^;

土日だったら もっと大変なことになるのであろうな。

明治記念館に移動し、親族だけのこじんまりとした披露宴。
image
美しい庭も堪能できて本当によかった‼

ごく内輪だけの食事会。
司会は次男(^_-)-☆
とても楽しく、なごやかな会食となりました(*^-^*)

サービスショット(^o^)/
image
では、新郎の母の、初 留袖姿(^o^)/
image

実は、この留袖は、姑のものです。
素晴らしい、金の縁取りと銀糸の手縫いです。
なにせ、姑は呉服屋の娘だったのですから。
image
姑が洋装で出席する、と決めたので、
私はレンタルを急遽キャンセルし、
きちんと我が家の家紋の入った留袖を着たのでした。

とてもやさしさの溢れる、
お似合いの二人でした(*´▽`*)💛

いただいた花束。
image
紫で統一されていて、とても素敵!
早速、まず玄関に。
濃紫のカラー(襟という意味)すっくと立っていますね。
濃淡い紫のトルコキキョウ。
緑はモンステラ。
image

リビングのテーブルに濃淡の紫の胡蝶蘭。
image
トイレには、新郎新婦の高砂の白いテーブル花(^o^)/
image

とても飾りきれず、ご近所に「お福分け」しました(^_-)-☆

お祝いのメッセージ、
たくさん、ありがとうございました!

自分の子の、良き理解者がいる幸せを感じた一日でした(*^-^*)






このページのトップヘ