中村こずえのブログ

ラジオパーソナリティ 中村こずえ が、日々感じることを綴ります。旅・料理・楽しいこと、共有しませんか?

2018年04月

天気に恵まれて、各行楽地は賑わっていることでしょう♪ヽ(´▽`)/
「はぴま」にも各地からイベント情報が届きました!

こんなに爽やかな空の下、
笑顔が溢れているんだろうな(*´∇`*)

日比谷公園でも
ニッポン放送の「ラジオパーク」が行われていて、大盛況の様子🎵

スタジオゲストは「玉城ちはる」さん(*^ー^)ノ♪
IMG_2739
爽やかな藤色のターバンとスカート。
初夏の装いでした!

ちはるさんのお子さんは2歳。

ちはるさんは高校を卒業するとき
父親を自死で亡くし、進学を諦めて上京。
音楽活動を始めました。

「私は父に愛されていなかったのでは?」

苦しんだでしょう。

けれど、子どもを授かってみてわかった。
「こんなにも愛されていたんだ‼️」

そう。
子育てって、自分が失った記憶を取り戻すことでもあるのですね。

アジアの留学生を10年間、36人ホストマザーとして預り、
異文化の中で育ってきた子どもたちを育て、
・アイツはおかしい 
・変わってる
と「排除」や「差別」するのでなく、
話し合って「理解」する、「受け入れる」ことを共に学んできました。

その経験から全国の小中高校、大学でも
「命の参観日」と題した講演活動を行って、
「いじめられている」「親に愛されていない」「死にたい」子どもたちに話し、
彼らの声を聞き続けているのです。

4月18日にリリースした
「TAMAKI CHIHARU BEST」は
1曲目が、亡き父に宛てた曲、「風になれば」。
そしてラストから2曲目の新曲「笑い泣き」は
そのアンサーソングになっています。

「生きたいように生きてゆけ」
これは父親が最後に彼女に伝えた言葉。

そう。
人生は自分のもの。
世間体とか、親のためとか、子のためとか、
いろいろ縛りはあるかもしれないけど、
結局 自分の人生。

それに、この歳になって思うのは
「人生は意外と短い」ってこと。

二人で瞳をうるうるさせながら話してしまいました(*^_^*)

さて、帰りに新宿駅の新しい施設「NEWoMan(ニュウマン)」の中で
スニーカーを買いました(^o^)丿

IMG_20180429_223449
ナイキの限定モデルなの。
サーモンピンクでかわいらしいのに しっかり歩けるタイプ!

さぁ、これでどこの道を歩きましょうか?(^_-)-☆


戸隠に足を延ばしました。
鏡池。

DSC_0054
DSC_0053
私は戸隠神社は初めて。
奥院へ。
大鳥居から奥院まで約2㎞。
上り坂をゆっくり上って50分ほど。
DSC_005550分
DSC_0056
大杉の道を歩くと、残雪もあり、まだ春の初めなのだね。
DSC_0057
DSC_0058
DSC_0059
DSC_0061
ランチはもちろん戸隠蕎麦。
DSC_0062
DSC_0065
帰りに軽井沢のアウトレットに寄り、
OAKLEY(五輪の選手たちもつけていたサングラスやゴーグルなど、このメーカーが多かった!)
で、スキーのゴーグルを購入!
先日 私のゴーグルが、スポンジの劣化で雪が入り
ボロボロだったのを報告しましたね(^_^;)

新しいゴーグルを、40%オフくらいでゲット!

また、雪の季節が楽しみになりました。

GWはきょうから。
一日早かったので、道路や各施設の超混雑などもなく、
快適な旅になりました(*^^)v

長野県の小布施に来ました。
道沿いの桜ヽ(^。^)ノ
DSC_0023
ハナミズキも 今 満開🎵
DSC_0025
リンゴの花も(*^ー^)ノ♪
DSC_0024
岩松寺(がんしょうじ)。
DSC_0027
この本堂の天井絵は、あの北斎が描いた
「八方睨み鳳凰図」です。写真を撮ってはいけないので、パンフの写真で我慢してね_(^^;)ゞ
IMG_20180427_163040
これが天井にデーン!と.って、どこから見ても鳳凰と目が合うんだよ!
北斎は、この小布施で晩年を過ごしたそう。
江戸と小布施を何度も往復したらしい。
もちろん新幹線や車もなく、徒歩でね‼️

そして、小林一茶も!
これが一茶の有名な句
「痩せかへる まけるな一茶これにあり」
の句碑(* ̄∇ ̄)ノ
DSC_0028
アップしますね!
DSC_0029
この句碑の下にこじんまりした池があります。
カエルがわんさといるらしいです。

そして小布施と言えば「栗」!
静岡からも栗がたくさんここに「輸出」されている、と聞きました。

「栗ソフトクリーム」♪ヽ(´▽`)/
おいしかった❗️
DSC_0034
本当は「高山五大桜」を観よう‼️と計画したのだけど、もう今年は散ってしまい(ToT)

でも、千曲川沿いの八重桜並木は、
豪華に重そうな花をつけていました( v^-゜)♪
DSC_0036
DSC_0038
土手の上は桜、下はりんごの花と菜の花。
DSC_0039
再びの春の訪れを味わっています。
DSC_0044
DSC_0045
宿で。
DSC_0033

東京からクッキリと美しい富士山ヽ(^。^)ノ
IMG_20180426_204244
細々とした用事を済ませ、
帰宅すると、西の空が綿あめのような雲と夕陽。
IMG_20180426_204427
自然に感謝!
毎日毎日、違う夕暮れを見せてくれる。
見えにくいけど、左の方にぼんやりと富士山もみえてました(*^ー^)ノ♪

「ディスコ野郎」さん。
「田子の浦しらす街道」とは、どのようなものでしょう?
詳しく知りたい!
お薦めの店の名も知りたい!

時間のあるときに教えてください!

毎年、シラス&桜えびの詰合せを
お世話になった方や、親類、息子夫婦に送っています。

毎年「美味しい‼ヽ(^o^)丿ありがとう‼」の言葉をもらいます。
今年も(*^^)v

我が家でも今夜はこのように(^o^)丿
IMG_20180425_203210
たっぷりの大根おろしの上に、たくさんのシラス&桜エビを乗せ、
キュウリでサクサク感と、シソで香りづけ。
ここにワサビ醤油を回しかけて、スプーンですくって
ワシャワシャといただきました(^・^)
ご飯もすすむくん‼

「美味しいねぇ‼こんなに贅沢にシラスを食べるなんて、ないよね!」
「いや、静岡県民は、フツーじゃないくらいの量のシラスをご飯にかけるらしいよ」
「フツーは小鉢に大根おろしでチラッとシラスでしょ?」
「ま、フツーはそうだけどね。静岡では『シラス丼』というと、ハンパないらしいし」

たくさん駿河湾の海の幸をお腹に収めました(*^^)v
カルシウムもたっぷり(*^_^*)

八百屋さんには、大きな「春キャベツ」がこんなにお安い価格で!
IMG_20180424_131548

1個買い求め、「春キャベツのステーキ」(「何食べ 2 p30)を作ろうかな?

今だからバラしちゃうけど、
「何食べ 2」のこの料理の写真、
ん?と思った人もいらっしゃるのでは?(^_^;)

そう。
この本を出版したのは秋。
つまり「春キャベツ」が手に入らなかった!

で、仕方なく、フツーのキャベツの内側だけを使って作ってもらったのね。
だから、なんとなくキャベツの存在感がなく、
貧相な(あまり美味しそうじゃない)カンジに写っちゃった(^^ゞ

本当は、もっと美味しいから
ぜひ作ってみてくださいませ(^o^)丿


このページのトップヘ