中村こずえのブログ

ラジオパーソナリティ 中村こずえ が、日々感じることを綴ります。旅・料理・楽しいこと、共有しませんか?

カテゴリ: 料理

「はぴま」きょうのゲストは「南 佳孝」さん(*^ー^)ノ♪
image1_5
7年ぶりのオリジナル フルアルバムは「Dear My Generation」!

radikoを考案・実用化した大学教授と
広告アートディレクターの二人を
共同プロデューサーに向かえ、
斉藤和義さんやCharさんなど、豪華ミュージシャンをフィーチャーした贅沢な一枚‼️
作詞陣も、久々に来生えつこさんが4曲も詞を提供!
佳孝・来生えつこと言えば、
あの名曲「モンローウォーク」のコンビ🎵

「この曲、ギターはCharに頼もっか!」
これでCharを呼び寄せちゃう?!
ま、それが45年という「力」なんだろうと思いますね(^o^)v

26日(水)リリースです。
聴いてみてね!

さて、我が家での昨日のパーティ🎵
親友の命日と、
彼の息子の誕生日と、
ついでに私の誕生日もかけて、開催!

彼の息子、娘夫婦とbaby、私の次男夫婦とbaby、私たち夫婦、という
大人7人 baby2人という人数!

・枝豆だし漬け
・イカクン セロリ
・ローストビーフ
・オールグリーン
という、私の「今夜、何食べたい?!」の本にも載っているもの。
さらに「サザエとエリンギのガーリック炒め」

そして、20年ほど前、2つの家族で一緒に行った
ハワイのマウイ島のビーチでBBQをやって食べた、
殻付きエビのガーリック焼き。
マウイのスーパーでも売っていた「アヒポキ」という、
マグロのぶつ切りと玉ねぎスライスの、ごま油をまぶして醤油で味付けしたもの。

「うわぁ~‼懐かしいヽ(^o^)丿」と大喜び!
ハワイでの思い出話にも花が咲いて・・・。
良かったぁ・・・(^・^)

仕上げは、辛いグリーンカレー!
3合半、炊いたご飯もカラッポ!
(私は食べていないのに(^_^;) )

きのう私が焼いたバナナ・イチジク・干しブドウ入りのパウンドケーキは
キャンドルを刺して、
彼の息子のバースデーケーキに変身(^o^)丿
IMG_20180923_162512
あっという間にみんなの胃袋の中へ(*^^)v

そして、彼の娘が私に選んでくれた
世界でひとつだけのプレゼント(^o^)丿
IMG_20180923_203618
私の普段の服装を思い出し、
似合う色を選んでくれたのです!
「Koz」と、名前入りで・・・ヽ(^o^)丿

大好きな人たちに囲まれるって
本当に幸せなこと!
昨日、きょうと、ずっと笑顔でいられた私です(*^。^*)

きょうは、仕事仲間で親友の命日。
彼のことを思いながら、ケーキを焼きました(^o^)丿
IMG_20180921_222039
「何食べ」1の「そんなバナナケーキ」のアレンジで
干しブドウ、干しイチジク、バナナ、シナモンパウダー。

部屋が幸せの香りに包まれました(^o^)/♪

このケーキ、明日のパーティのデザートにします(*^^)v

明日は、親友の息子と、娘夫婦withB、それに  
ウチの次男夫婦withBが
我が家に集まります!(長男夫婦は仕事で残念!)
なので、きょう仕込めることはやってしまおうと思って(^_-)-☆

ウチの子どもたちと、彼の子どもたちは
まるで兄弟のように一緒に育ったので、
「子ども会」を作って、勝手に宴会しているのです。

むか~し、彼の娘と ウチの息子たちのどちらかが
結婚してくれたら・・・?と思っていたこともありました。
私たちは本当の「親戚同士」になれるんだよね…って。

でも、兄弟状態で育ったからかな?
恋愛感情ではなく、仲間意識が育ったようです(^_-)-☆

それで良かった‼
そう今では思います。

恋愛感情って、壊れると、もう顔も見たくない!と思っちゃうかも。
でも「友だち」なら、人生ずっと付き合えるんだよね!(^・^)

すてきな「幼なじみ」の友人を作ってあげられたこと、
私はとてもうれしい。
天国の親友も、きっと同じように思っていると思う(*^。^*)
                     

このブログでも報告した通り、
去年の7月末~10月初めまでかかった
マンションのフルリフォーム!

あれだけ時間をかけて選んだ物たち。
毎日使うものだからこそ、うれしい部分がたくさんあります(*^^)v

しかし!
実は後悔しているものも あるのですよ。

たとえば この廊下からトイレ、玄関までの導線。
IMG_20180829_213549
色も素材も選びに選んで、純毛の9㎜の絨毯にしたんです。
全面、各部屋もこれが敷き詰められています。
フローリングにしようか、どうしようか?
悩んだ悩んだ! (・.・;)

でも、ウチのマンションの規則で、
フローリングにするなら
一番高度な防音のものにしなければならず、
それは、下にクッションが入るので、
踏んだカンジが、ちょっとフカフカするのね。

なので、「高級感」(^_-)-☆を優先して、絨毯にしたワケ。

ところが!
実は今、姑が入院しているんです。
ガンの検査入院中、病院内で転倒し、
坐骨と恥骨 骨折!(+o+)

手術せずに自然治癒を待つので
多分 1ヵ月は入院していると思われる。

また歩けるようになるだろうか?
家の中で車いすだと、絨毯は動かせずらい。
やはりフローリングにしておくべきだった‼(>_<)
入院の前から、トイレが間に合わないと言っていたし…。

ここの絨毯が汚れると、
部屋中を張り替えないといけないのかな?

それとバスルーム。
床を白っぽい色にしたのね。
汚れが目立つように!
目立てば、ちょいちょい掃除するからね。
IMG_20180829_213520
ところが、私も姑も、白髪染めを使います。
髪染めの薬品は、染みてしまうのです。

以前はタイルだったので、
全く気にせず流していたのですが、
最近のバスルームの床は
水はけがよい、乾きやすい、最新のもの。

しかし、洗剤は中性洗剤のみ!
つまり、シミができても、カビがはえても
強力カビキラーなどアルカリ性洗剤は使えない!

よく見ると、点々と、染料のシミができています。

これからリフォームをする方。
髪を染める人なら、
バスルームの床は、黒っぽいものにしよう!(T_T)/~~~

ついでに言うと、
新しい素材のキッチンの表面やシンクも、
洗面所の水がたまる部分も、トイレの便器も、
新しい素材はたいてい中性洗剤のみ!

えっ?!
この汚れ落とし、カビ落とし、シミ落とし、使えないの?!
激落ちくん、タワシ、金タワシ、使えないの?!
やわらかいスポンジだけ?
そう思うことがしばしばあります。

カッコイイ素材は、手入れも大変だってことね。

きょうの夕食。
IMG_20180829_213617
静岡の「タケノコご飯」(先日、瓶詰にしたタケノコの水煮をいただいた)
「具沢山トン汁」「ブリ照焼き」「枝豆バター焼き」「北陸もみいか」(ワタごとスルメにしたもの)
日本酒がとても美味しいメニューでした(^o^)丿

きのう、看護師の甥が、
我が家を初めて訪問!

彼は、大学の看護学部を卒業後、病院に勤務し、
さらに大学院で研究をして、
再び病院に戻って看護の仕事をしているのね。

そうか、初めてだったんだ(・o・)

彼は、私の弟の次男。
なので、私が実家を訪れて、
我が家の息子たちと遊ぶことはあっても、
姑と同居している我が家に泊まりに来ることなどなかったんだわ。

そんなワケで、私の手料理
そう「何食べ」レシピのオンパレードで
お・も・て・な・し‼ ヽ(^o^)丿

なのに、写真は…これ一枚しか撮ってないんだ。
ごめんなさいm(__)m

「ズッキーニのチーズ焼き」
IMG_20180823_085536

他にはね、
「いかくんセロリ」
「トリプルネバネバ」(何食べ2 p17)
「かぼちゃサラダ」
「シシトウ焼き」
「シラス丼」←もちろん一昨日 静岡で購入!

ウチの次男夫婦 with B(aby)と
大人5人の胃袋を満たしました!(*^。^*)

Babyも 離乳食をもりもり食べるので
「シラスお粥」を作ってあげたよ(*^^)v

甥は、我が家の窓から見える
THE TOKYO !というような超高層ビル群や
富士山、
SUNSET、
夜景・・・
たくさん写真を撮っていました。

「また来ていいですか?」
「もっちろん!」
「泊まってもいいですか?美味しいものまた食べられる?」
「いいよ!ビールや日本酒、持参でね!」

楽しい夜は更けていきました。 

毎年、シラス&桜えびの詰合せを
お世話になった方や、親類、息子夫婦に送っています。

毎年「美味しい‼ヽ(^o^)丿ありがとう‼」の言葉をもらいます。
今年も(*^^)v

我が家でも今夜はこのように(^o^)丿
IMG_20180425_203210
たっぷりの大根おろしの上に、たくさんのシラス&桜エビを乗せ、
キュウリでサクサク感と、シソで香りづけ。
ここにワサビ醤油を回しかけて、スプーンですくって
ワシャワシャといただきました(^・^)
ご飯もすすむくん‼

「美味しいねぇ‼こんなに贅沢にシラスを食べるなんて、ないよね!」
「いや、静岡県民は、フツーじゃないくらいの量のシラスをご飯にかけるらしいよ」
「フツーは小鉢に大根おろしでチラッとシラスでしょ?」
「ま、フツーはそうだけどね。静岡では『シラス丼』というと、ハンパないらしいし」

たくさん駿河湾の海の幸をお腹に収めました(*^^)v
カルシウムもたっぷり(*^_^*)

八百屋さんには、大きな「春キャベツ」がこんなにお安い価格で!
IMG_20180424_131548

1個買い求め、「春キャベツのステーキ」(「何食べ 2 p30)を作ろうかな?

今だからバラしちゃうけど、
「何食べ 2」のこの料理の写真、
ん?と思った人もいらっしゃるのでは?(^_^;)

そう。
この本を出版したのは秋。
つまり「春キャベツ」が手に入らなかった!

で、仕方なく、フツーのキャベツの内側だけを使って作ってもらったのね。
だから、なんとなくキャベツの存在感がなく、
貧相な(あまり美味しそうじゃない)カンジに写っちゃった(^^ゞ

本当は、もっと美味しいから
ぜひ作ってみてくださいませ(^o^)丿


このページのトップヘ