中村こずえのブログ

ラジオパーソナリティ 中村こずえ が、日々感じることを綴ります。旅・料理・楽しいこと、共有しませんか?

カテゴリ: 生け花

ソーメンのつゆ入れの器で
今年初の「氷いちごミルク」ヽ(^o^)丿
IMG_20180717_124653
かき氷器は、息子たちが幼かったころ、
安売り量販店で買った、手回し式のもの(^・^)

何年も使っていなかったので、
去年、リフォームで断捨離したとき
捨てようかどうしようか悩んで…捨てなかった(^_-)-☆

きょうは二男のお嫁ちゃんがwith B(baby)で
避暑に来てくれた…のではなく、避難してきた。
自分たちのマンションの部屋の工事のため。

なので、暑い中 ベビーカーを押して来てくれたお嫁ちゃんにごちそう!

babyはハイハイをし、
歌を歌うと反応がいい!
口笛には、真似をしたくて舌を出す(^・^)
唇をブルブルブル…と震わせる芸(?)を会得。

疲れれば勝手に寝る…。
IMG_20180717_171134
ま、何をしてもカワイイんだね(*^_^*)
「孫は来てよし、帰ってよし」とは
本当によく言ったものだと思います(^_-)-☆

我が家の玄関は、今、
涼しげに「ハス」の花を活けてあります。
IMG_20180717_171342
夏は、花の持ちがよくないので
基本、グリーン中心です。

昨夜、25時まて起きていて、
このままベルギー戦を見ようと頑張ってた。
でも寝ちゃって…。
4時25分にたまたま目覚め、
2-2という時。

「えっ?ひょっとして、日本が追いついてる⁉️ 行けぇ~‼️」

勝てるかも⁉️ と思わせてくれて、ありがとう😆💕✨
でも、ホントに悔しかったね‼️  (# ゜Д゜)


心 静かになり、玄関花を活けかえました。
今の季節ならではのギガンジウムヽ(^。^)ノ
IMG_20180703_124350

そして、まもなくの、生徒さんたちの発表会🎵
そのための お勉強を、シコシコしていたら
IMG_20180703_231530
次男夫婦が、WITH baby  で訪れましたヽ(*´▽)ノ♪

近くに引っ越してきた次男夫婦。

もちろん その「意図」、わかっているよ!
「子育て支援」でしょ?! (^_-)-☆

お嫁ちゃんが毎週歯医者に通うため、
我が家にベビーをしばらく置いていくのね(^・^)

これがまぁ、姑の「若返り」に役立つようです(*^^)v

「aaa…」
「そう~、そうなの。どうしたの?あら、うれしいのね…」

たぶん・・・カラスとも話せると思う。

バンブー(竹)が元気なので、これを生かして
モンステラの葉、紫のカラーを短めに活けて
ゲストに「welcome」!ヽ(^o^)丿
IMG_20180611_211418
アジアンな、オリエンタルテイストになったよね(*^^)v

そして、ランチをご馳走してあげるのが楽しみのひとつ。
きょうは「肉味噌冷麦」(^o^)丿
IMG_20180611_211355

「何食べ レシピ本 1」の102ページに
「ジャージャー冷麦」として載っています!
そうめんよりも、冷麦のほうが、
濃い肉味噌にからまるのでオススメ!

きょう休みを取っていた夫のリクエストで久々に作ったよ!
「うぅぅ・・・ん、美味いなぁ・・・‼」

こんなふうに褒めてくれるので、
また作っちゃうよねヽ(^o^)丿

多めに作った肉味噌は、容器に入れて
持ち帰ってもらいました。
大葉・みょうが・カイワレ・きゅうり・白ごまも
使い切りの量で。
今夜、次男がすぐに食べられるように。

さて、きょうは二人で映画「終わった人」を観てきました。
客席には本物の「終わった人」とおぼしき人たちがたくさん!

本を読んでから観たので、とてもよくわかった。
終わり方が、本も映画も「これで終わるの・・・?」
ってカンジだけど。
途中、ずいぶん笑いが出ていました。

娘は、本の方が辛辣でステキ!
妻も本の方が揺れていていいな。
夫の舘ひろしさんは、ジーンズ姿がかっこよすぎ!

あんな定年退職後の男は、めったにいないぞ!

あ?
心静か・・・でもなかったか?(^_^;)


駒込駅のツツジは満開!
DSC_0008
六義園の「染井門」のツツジと新緑。
桜の季節は大行列でしたが、きょうは静かですね。
IMG_20180424_131530
きょうは民放クラブの方々との集いです。

昨夜は長男夫婦が食事に寄ってくれたので、揚げたての山菜てんぷらと、蕗の炒め煮、空豆のさや焼き、そしてシメは冷たい蕎麦でもてなしました( v^-゜)♪

そして玄関には「ハンカチの木」と「白ゆり」で清楚な感じで迎えましたヽ(^。^)ノ
DSC_0021
ハンカチの木って、遠くから見るとハンカチをたくさん結んでいるように見えるらしい。

映画「幸せの黄色いハンカチ」は、
山田洋次監督、高倉健、倍賞千恵子主演。
武田鉄矢と桃井かおりが大学生役で、刑務所帰りの健さんを車に乗せ、話をきく。
もう女房は待っていてはくれないだろうが、もし許してくれるのなら、家の前に黄色いハンカチを結んでおいてくれないか?無ければそのまま俺は去るからと。
家に近づくと、黄色いハンカチが無数に紐に結ばれていた…。

というもの。

原作は、ピート・ハミルの「ゴーイング・ホーム(邦題=幸せの黄色いリボン)」。
かつてドーンというグループが「イエロー・リボン」を大ヒットさせましたが、あれも同じよ!(^_-)-☆

ヴィンゴという黒人の男が、まだ雪の残るNYから 真夏のフロリダ行きの長距離バスに乗る。
車内は若い学生たちが「フロリダに着いたら泳ごう!」などと賑やかに盛り上がっている。
一人 誰とも口もきかずにいる男に興味を持った女子学生が、
「隣に座ってもいい?」
と、彼の話を聞き出す。
「刑務所から出てきたばかりなんだ。女房に手紙を書いたよ。もし、好きな男ができたら、そいつと幸せに暮らしてくれ。でも、もし俺を許してくれるのなら、町の一番大きな木に、黄色いリボンを結んでおいてくれないか?無かったら俺はそのまま引き返すからってね」

女子学生は驚いて、仲間に伝える。
やがてバスは男の町に近づく。
バスの中は緊張に包まれる。
男は下を向いたまま。

「見て!見て‼」
学生たちは大きな歓声をあげる。
大きな木には燃え上がる陽炎のように、無数の黄色いリボンが結ばれていた!

男は顔をあげ、学生たちに見送られて、静かにバスを降りて行く。
男は今、帰ってゆくのだ……。

というストーリー。

東静岡駅前のホールで、15年くらい前の「ラジオパーク」の時、私が朗読しました。
聞きに来てくださったかた、覚えていらっしゃいますか?

追伸
「富士市のすみりん」へ。

そう、大分県日田市には「小鹿田焼(おんたやき)」という
有名な窯があります。
んんん・・・と、
皿の縁に斜めの線が入った、グレーっぽい感じ、といったらわかるかな?
でも、熊本地震と九州大豪雨で、土も窯も壊滅的な状態だそうです。
私たちは、人的被害と、有名な場所の回復しか知らないことが多いけど
こうして伝統文化が失われていること、
あの小説を読むために調べなければわからなかった。




DSC_9969
まだ、桜が満開ヽ(^o^)丿

栃木県宇都宮のゴルフコースです。
DSC_9971
120を切るスコア!
って、そんなに自慢することじゃないけど(^^ゞ
私としてはうれしかったので。

ミヤマツツジもきれい。
DSC_9972

ランチは、温かい天ぷらそば(^o^)丿
サラダバーと、生卵は自由につけてOK(*^^)v
DSC_9973

きょうは いつもの花屋のオネエサマのおすすめで
「木いちご」と、赤い「グロリオーサ」で華やかにしてみました。
DSC_9983
木いちごの白い花が次々咲いていくのが楽しみです(^・^)

明日は静岡に行きます(*^^)v

このページのトップヘ