中村こずえのブログ

ラジオパーソナリティ 中村こずえ が、日々感じることを綴ります。旅・料理・楽しいこと、共有しませんか?

カテゴリ: 映画

ここが・・・日比谷のミッドタウンかぁ・・・(゜.゜)

周辺を睥睨するくらいの高層ビル。
IMG_20180914_200905
IMG_20180914_200935
東宝シネマズ日比谷が、この中にあるので、
行ってみました。

おっ? ゴジラも中にいるし(^_-)-☆
IMG_20180914_201031
窓からは日比谷公園が一望できるし。
IMG_20180914_201011

観たのは「ボルグ / マッケンロー 氷の男と炎の男」

まぁ、ホントによく似た役者を見つけるというか、
似た人を特訓するのか?
役者の層が厚いというのか・・・?
二人はもちろん、コーチや妻までも、似てるんだよね。

テニスのプレースタイルも、すごく頑張ったんだと思う。
けど、やっぱり、ボルグではない。
マッケンローではない。
んんん…サーブのフォームは、かなり頑張ってたかも?(^_-)-☆

でもね、とにかく、1980年のウインブルドン 決勝戦。

あんなにすごい試合は、そうは ないと思うよね(・o・)
その陰に、どんな思いが隠されていたのか?
あの、大坂なおみvsセリーナ・ウィリアムスの試合を重ねてみると
なかなか面白いものがあったね。
どれだけ選手は「我慢=patience」が大事か!

ま、選手だけじゃなく、人生 とても大事なこと、ペイシャンス=忍耐‼ 
(^_-)-☆
親子・夫婦・仕事・ご近所・友人…
ねっ?! patience でしょ?! (^_-)-☆

映画を観終わって、ゆっくりミッドタウンのショップを眺めたけど
うぅぅぅ・・・ん
IMG_20180914_200953
私が買いたいものは、なかったかな?(^_^;)
もっと若い子たちね(・.・;)

街の商店などは、
概ね きょうまで休みの所が多いよね。

そして言うまでもなく暑い🔥☀️
なので、映画館は大混雑‼️ ♪ヽ(´▽`)/
DSC_0284
一昨日は、ゴジラ像のある、東宝シネマズ新宿で
「カメラを止めるな」を。

きのうは、新宿ピカデリーで「オーシャンズ8」を観ました。

どちらも面白かったヽ(^o^)丿
全く違う種類の面白さ。

「カメラを止めるな」は、
ご存知のように、わずか300万円の制作費で作られ
単館上映の小さなスクリーン2館から始まり、
いまや150を超えるスクリーンで上映されています。

有名な役者はひとりもいない。
けれど、あれだけ楽しめる作品ができる、
ということは、
人気タレント、俳優などに寄りかかって
「あの人、またこれにも出てるの?」
みたいにならなくても、充分 上手い役者は大勢いる!
ってことだよね!
そして作り方で、観客は呼べる、ってことも。

日本映画の制作陣に一石を投じた、
と言っても過言ではないと思います(*^^)v

東宝シネマズ新宿の一番大きなスクリーン、
約500席を、毎回満員にするって、すごいよね!
しかも終わった後、みんな感想を述べ合ってるし。

一方、「オーシャンズ8」は、
反対に「金の匂い」がぷんぷんするような映画。
出演者も超豪華!
カルティエの倉庫の奥にある超高価なダイヤモンドのネックレスを奪う、
女だけの犯罪グループ。
パーティシーンのドレスも、
ドルチェ&ガッパーナ、ジバンシー・・・などなど
名だたるメゾンがオートクチュールを提供しています(・o・)
いったい、制作費は、いくらかけたんだぁ‼ (・.・;)

痛快な盗み、ですわ。
さらに、裏切った元カレのおかげでムショ暮らしをしていた
主人公デビー・オーシャン(サンドラ・ブロック)が
ついでに仕掛けたカレへの仕返しも楽しい(^_-)-☆

こちらも、大きなスクリーン満席でした(^o^)丿

さて、我が家のベランダでは、
伊豆バガテル公園で買ってきた黄バラが、
また咲きました!
5月にも咲いたんですよ(・o・)
桜の「不時(ふじ)咲き」は、よくあるけれど、
バラも・・・?
秋にもう一度咲くかしらね?(^_^;)
IMG_20180816_112909
咲いたら報告しますね。



「磐田の電話局」さん!
よくお気づきでヽ(^o^)丿

そうなんです(^・^)
このプリングルズは、「ロシアW杯 スペシャルバージョン」なんですよ!

なので、「プリングルズ」のスペルも
「Pringles」が「Pringoooals」と。
プリン ゴ~~~~ルズ‼ (^O^)
となっていますね(^_^;)
IMG_20180803_214642
あ、中身はフツーでした(^_^;)

あと2本、同じ物があるんだけど、
これって、貴重品、だよね?!

けど、とっておいても湿気っちゃうよね(^_^;)


きょうは、「ミッション・インポッシブル」を観てきたよ。
もう、どこまで危険を重ねるのか?! ってカンジ(・o・)
笑っちゃうくらい、ギリギリの繰り返し。

いったい何台 車を廃車にしたんだろう?

トム・クルーズって、
夫は、サッカーのメッシに似ている、と言うけど
私はゴルフの石川 遼くんに似ているように思う。

ま、それはともかく、
誰が味方か敵か、人間不信に陥るような映画でした(^_-)-☆


早くやってくれないかなぁ・・・!
と思っていた「ジュラシック・ワールド 炎の王国」。
IMG_20180714_214442
きのう封切られたので、さっそく今日、観に行ったよ!(^o^)丿

いやいやいや・・・‼ (^_^;)
もう、どれだけドキドキすればいいんだ?! (@_@;)

どこまで怖い思いをすれいいんだ?! (@_@;)

あ、笑えるところもあったよ(^_-)-☆
たとえばねぇ、屋敷の屋根にラプトルが登ったときは
名古屋城の金のシャチホコか?
と思ったり、
その子が、そこで、大きな満月をバックに咆哮したときは
「お約束!きゃははは‼」ってカンジ。

「月に吠える恐竜」? (^_-)-☆

本編が終わり、スタッフなどの名前が延々ロールアップ。
これだけのCGや、特殊撮影、ロケなど
そりゃあたくさんのスタッフが関わっていたでしょうから
かなり長い!

ここで席を立つ人が結構いるのね(・o・)

あのね、最後にサービスショットがあるからね(・o・)

早々と席を立った人に
「えっ?! あの後、大どんでん返しがあったんだよ!」
くらいのウソは つきたい(^_-)-☆

さて、夫が塗りなおしてくれた舵輪のテーブル。
こんな感じで、いつもの場所に戻りました(^o^)丿
IMG_20180712_210906

夫が北海道に行っているので、
私ひとりで映画を観た。

「妻は薔薇のように ~家族はつらいよⅢ」

ⅠもⅡも観ていて思ったのは、
ドラマの主軸、平田家の、
長男、西村まさ彦演じる平田幸之助の嫁、
夏川結衣演じる史枝(ふみえ)さんだ。

彼女が一番エライ‼
と思っていた(・o・)

その史枝さんが、夫の言葉に切れて
ついに家出してしまう・・・という話。
家を出る?
あったりまえでしょ!と思う部分が山とある。

人はたいてい「自分が一番大変だ」と思いがち。
けれど客観的に見ると、そうでもないことがある。

個人的に言えば、
出産して8週間で仕事に復帰したとき
(まだ育児休暇は なかったので、労働基準法により産前6週間、産後8週間の休暇が認められていた)
「仕事って、ラクだ!」と思ったこと。

それまでは、しんどくて、
休みが欲しい、もっと仕事量が減れば…
なんて思っていたのに、
仕事に出ると、自分の仕事のことだけ考えられる。
ランチは自分の都合で食べたいものを食べられる。

でも、育児は違う。

何と言っても優先順位は赤ちゃんが最優先!
そうしないと死んじゃうんだもん。
自分がお腹がすこうが、どこへ行きたかろうが
何かしたいことがあっても、とにかく優先順位は下!

男の人って・・・
あんなに仕事大変だぁ大変だぁと言ってるけど
どうなんだろう・・・?
と思ったね、その時は。

その時点で大変なことは変わってくるしね。

で、映画を観ていて、
本当に大変なのは、長男の嫁である史恵さん。

舅・姑のわがままや、夫の「稼いでやってる」感、
義妹夫婦、義弟夫婦とのつきあい。
息子二人を育て、
朝食から片づけ、息子たちの弁当、掃除、洗濯、
買い物、近所づきあい・・・etc

正直、私も家出したいと思ったこと、ある。
私がいなくなれば、どんなに私が頑張っていたか
わかるんじゃないか・・・?と思って。
困ればいい!と。

なぜ、感謝してもらえないんだろう?と思って。
当たり前、と思ってる?!

あ、それは夫に対してじゃなく、姑に対してですね(^_^;)

私は彼女を「反面教師」として
なるべくお嫁ちゃんに負担をかけない姑になろうっと‼(*^^)v

さて、「夫の弁当」です。


シソご飯・麻婆豆腐・チンゲン菜とエビと昆布あえ・明太子
IMG_20180526_204841
?特に右下、何だったっけ(^^ゞ
IMG_20180526_204817
黒米ごはん、明太子、サバ、厚焼き玉子、切り干し大根煮
IMG_20180526_204719
カレーピラフ、トマト、ポテトサラダ
IMG_20180526_204613
メンチカツ・唐揚げ(冷凍)、ナス漬け、卵焼き
IMG_20180526_204639
鶏五目ご飯、麻婆ナス、厚揚げ卵とじ
IMG_20180526_204552

夫はいつも「感謝」してくれます。

お互いに「感謝」の心があれば、
もっとうまくやれるのではないかな…と、映画のなかでも思うよ。

このページのトップヘ